おりとぼうずです。
皆さま暖かい春、いかがお過ごしでしょうか?

わたくし先日の休暇は、いろいろと本を読んでました。
その本の中で春は東洋思想でいうと木の気に属するそうです。
冬の間、眠っていた植物が芽をのぞかせ伸長を始めるってイメージですね。

image1[1]


↑仕事の休み時間に撮った写真です。
鮮やかな若葉の色から自然のパワーを感じ、思わずパシャり。

でも驚いたのは、この木の気によって養われる身体は肝臓(肝)なのだそうです。
なぜ春に肝臓⁈と思いませんか?
変なのーと思いながら読んでたのですが…
(詳しくは調べてくださいm(_ _)m)

そしたら送別会、歓迎会、花見会と飲み会続きでも春だから肝臓は大丈夫なのか!…な?

そんなバカバカしいことを考えながら、今日は身体に良さそうな濃茶を頂きました。

image2[1]


最後に、お茶にはこの春に銀鏡で採れたよもぎを使った“よもぎ饅頭”が合います(´∀`)
春のパワー詰まってます!
是非食べてみてくださいね。